2017/07← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/09

+message+

昔の写真や、旅先で撮った写真を、恥ずかしながらご紹介しています。
素人が撮ったヘタな写真ですが、お時間のある方は、ぜひ コチラ もどうぞ。


スポンサーサイト   
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) Page top↑

ドギーバッグ   
2009/02/11 /18:27
bag

このところ何かよくテレビで "MOTTAINAI" が耳につくな~と
思いながらも何のCMかなんて気にしてなかったのが、検索
してみるとどうやら大きなキャンペーンをしている模様。

そう言えば、先日あるテレビの特集でも、"日本は世界でも
有数の食料を無駄にしている国だ
" ということが、改めて
問題提起され、豊かな国・ニッポン、だけど一方で毎日大量
の食料を廃棄している事実が克明に映し出されていました。

職を失い、今日を生きるのも精一杯だという人が溢れて深刻
な社会問題に発展しているというのに、ゴミ処理場でチェック
された袋の中には、使われなかったお肉や、冷凍食品、まだ
食べられる野菜などが無造作に捨てられている現実に愕然
としました。

そんな番組の中で、 "ドギーバッグ" も紹介されていました。


ドギーバッグというと、レストランなどで食べ残した料理を持ち
帰るためのバッグで、食べ残しを持って帰るのは恥ずかしい
ので "犬の餌にする" という名目で持ち帰ったことが始まりと
いうのは、皆さんもご存じの通りです。

でも、日本では衛生上の問題もあって、お店側から "お持ち
帰りお断り
" のところも多いようですし、こちらも言い出すの
が恥ずかしかったりで、至極モッタイナイ精神に合う習慣にも
かかわらず、あまり普及していないようです。

私が初めて "ドギーバッグ" の存在を知ったのは約 20年前。
カナダのサマースクールに参加するために 4週間のホーム
ステイをした時のことでした。

ある日ホストペアレンツから、 「今夜はタイレストランに行く
わよ!」
と言われてもう 1人の生徒と 4人でバンクーバーの
あるレストランに出かけました。

今みたいに、日本で気軽にタイ料理など食べられる時代では
なく、生まれて初めての経験に心を躍らせたことを今でもよく
覚えています。

「タイ料理ではトムヤムクンを食べないとね。」 と、運ばれ
てきたポットを見てかなり驚きました。
「海老が丸ごと! 木が入ってる! 何? この葉っぱ?」

大騒ぎしながらスープをすすると、酸っぱい!!

結局、その "木の入った酸っぱいスープ" のあまりの衝撃に
他に何を食べたのかは全く覚えていませんが、ほとんど手を
つけずに食事は終わろうとしていました。

「口に合わなかったのね。」 と、ホストペアレンツはお店の
人を呼んで、残った食べ物をドギーバッグに入れてくれるよう
頼んだのです。

ほ~。

スープまで持って帰ることには驚きましたが、何でもない白い
パッケージがとてもオシャレに思えました。

数年前、ハワイで行ったベトナム料理屋さんでも、残した料理
を袋に入れて、会計の時にサラリと渡してくれました。

コレ、日本でもやればいいのに ・・・ 。


前置きが長くなりましたが、昨夜は久しぶりにかわたろうさんと
会って、インド料理屋さん に行きました。

彼女から届いたメールには、 "甘いカシミールナンがウマい"
と書かれていて、一体どんなんやろ? と楽しみに行ったのに

コースについていたナンが、ハーフなのにメチャでっかい!

ひよこ豆のベジカレーがメチャおいしい!

と、"20時までに入店すると \1,490" という何ともリーズナブル
なコースだけで超満腹になってしまい、もう食べられへ~ん!
となってしまったのです。

ゲラゲラ笑いっぱなしでお喋りし、ちょっと休憩してもお腹には
余裕ができそうになかったので、

「だって、あんなメールもらったのに、食べずに帰ったら
後悔するやん? それにまた再挑戦で来ても、またこの
コース頼んでたら、永久に食べられへんやん!!」


と大笑いし、勢いで 「お持ち帰りって、できへんのかなぁ?
聞いてみよっか?」
ということになりました。

結果は、あっさりOK。 勇気出して聞いてみるものね。
しかも、500円のナン を、半分こにして包んでもらいました。

おかげで、会計をしても 2人で 3,500円弱。 安っ!!
( いつもの半分弱!! 笑 )

indian


大好きなココナツが入った甘いナンは、ちょっとしたおやつに
Good。

indian

買いたてのオーブントースター でチン♪ っと温めると、表面
がパリパリッとして、おいしい!
こんなことなら、 1枚丸ごと持ち帰ればよかったかも♪

本当は、お店で焼き立てを食べられればよかったけど、あの
コースがある限り、どうしてもドギーバッグになっちゃうなぁ~。

それとも、ランチ用のお弁当箱にカレーを詰めて帰るか!?

lunch box
私のお弁当箱 ( ちなみにピンク愛用中 )

( お弁当箱に入れてもらえば資源も無駄にならないし、翌日
のお弁当が楽になるやん! )

今後の課題だわ。 (笑)



mottainai

MOTTAINAI キャンペーンとは

環境分野で初のノーベル平和賞を受賞されたケニア人女性
ワンガリ・マータイさんが 2005年に来日、 「もったいない」 と
いう日本語に感銘を受けて、この美しい日本語を環境を守る
世界共通語 「MOTTAINAI」 として広めることを提唱しました。

環境 3R + Respect = もったいない

Reduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)と
いう環境活動の3Rをたった一言で表せるだけでなく、
かけがえのない地球資源に対する
Respect(尊敬の念)が込められている言葉、「もったいない」。

こうしてスタートしたMOTTAINAIキャンペーンは、地球環境に
負担をかけないライフスタイルを広め、持続可能な循環型
社会の構築を目指す世界的な活動として展開しています。

日本から生まれた「もったいない」が今、
世界をつなげるアイコトバ、「MOTTAINAI」へ。

( ※MOTTAINAI サイトより抜粋 )

mottainai



bag

★食べ残し料理を持ち帰る注意点★
 ・なるべく早く食べる
 ・保存環境に気を付ける
 ・加熱をしっかりする
スポンサーサイト
ゴハン Comment(2) Trackback(0) Page top↑

prevhome next
おおおおおおおおおおっっ
Mottainaiだ!!!

つい最近、某ねぇのとこで、知ったよ。

ドギーバッグ!!
よくするんだけど、次はタッパを、次はタッパを ・・・
と思いながら、まるで準備してきました、みたいなのは
どんなもんだろう、と思いながら、マイドギーバッグは
実行してないやぁ ・・・。

日本では、宴会で ごっそりドギーバッグをしてたよ。



決められた宴会の食事って、1万円とか払いながら
私の食べれるものは殆ど無かったから、
4つくらいタッパ持って出かけてた ・・・ 笑

お店側も、無駄になるよりはぜったいに嬉しいよね。
Posted by : やっこ + 2009.02.13 (01:45) + URLEDIT
やっこさん、"MOTTAINAI" って、そんなに有名なキャンペーン
だったのですね!
CM をやってるのは知ってたけど、ずっと何のCMか分からずにいた
ので、ここに繋がるまでに少々時間がかかってしまいました。

某ねぇさんのところは、やっと最近ブログのアドレスを教えてもらって
ちょっとずつ追いつこうとしてるところです。
このところ誰のところにも遊びに行けてなくて、周りの状況が全く
見えてない感じです。。。

ほほ~、日本でもドギーバッグをしてたのですか!!
やっぱり私の周りだけそういう風なことをしないのでしょうかね?
そうそう、職場の宴会って、食べられないモノに当たることもあって
持って帰りたいわ~って、よく思います。
私の場合、持ち帰っても自分で処理しないといけないんですが。(笑)

そっか~、私は毎日お弁当を持ってってるので、いざとなったらその
お弁当箱を登場させることができますが、やっこさんの場合は
いきなりタッパを出したら、お店の人はそりゃあビックリだわ!!
でも、あえてやって欲しいです!!(笑)
Posted by : Gon + 2009.02.16 (23:14) + URLEDIT














home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。