2017/06← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/08

+message+

昔の写真や、旅先で撮った写真を、恥ずかしながらご紹介しています。
素人が撮ったヘタな写真ですが、お時間のある方は、ぜひ コチラ もどうぞ。


スポンサーサイト   
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) Page top↑

250th Anniversary   
2009/01/25 /17:06
Burns

昨日の夜、 1日早く行われたあるイベントに誘われて超寒い
中を神戸まで出かけてきました。

そのイベントとは、かの S国を代表する有名詩人の誕生日を
祝うお食事会、バーンズ・サパー。

S国人が主催とあって、かなり期待しての参加です。


Burns

神戸外国倶楽部の一番奥のホールで開催されたお食事会。
まずは日本語ペラペラなスコッツマンに迎えてもらいました。

Burns

バーンズの詩にちなんで、真っ赤なバラとキルトが飾られた
テーブルに座ると、早速スープが運ばれてきました。

Burns

熱すぎて飲めない、じゃがいもとリーキのスープと悪戦苦闘
している間に、何らかの式が ・・・ 。

Burns

4歳の子が出てきて英語で何かを言ってるけど、何を言ってる
のかさっぱり分からない。(笑)

ついでにみんなのリクエストで、バーンズの詩 "A Red Red
Rose
" を暗唱した彼に、大いに盛り上がりました。

Burns

儀式が終わってしばらくすると、ハギスがテーブルに。

Burns

あれ? 赤い ・・・ ニンジン!?
本場で食べたの とは全く違う見栄えにかなり戸惑いながら
いただきました。

味はまあまあ、やっぱり本場でいただいた方がずっとずっと
おいしかったです。

メインはサーモン。

Burns

普段ならまず食べない魚だけれど、ソースが甘くてとっても
おいしかったです。

その間も、 Literary Feast として 3人のスピーチがあった
のですが、何で周りはそんなに笑ってるのか?
訛りがきつく、これまたほとんど理解できず。(笑)
もったいない。

そして、デザートはトライフル。

Burns

コーヒーとともに、おいしくいただきました。


ところで、食事中にゲストに与えられた課題がありました。

Burns

バーンズにちなんだ単語を入れるクロスワードパズル。
しかもスコットランド語で書かないといけないものも数個。

バーンズが亡くなったのは、何月か?

バーンズのお父さんの名前は?

バーンズの娘の名前は?

・・・ 知らんっつーの。 ( 思い入れとか、ないし。。。 )

分かったのは、少々のスコットランド語の単語だけ。
kirk 、 tatties 、haggis の 3つ以外は、たまたまイングランド
人なのに来ていた英語学校の講師 M が教えてくれました。
いっぱい間違ってたけど。(笑)


その後、ちょっとした寸劇 (!) あり、

Burns

バグパイプの生演奏あり、

Burns

最後に、輪になって Auld Lang Syne を手をつないで歌い
大盛り上がりの中でおひらきとなりました。

Burns

気付くと時刻は 23時 ・・・ えぇっ!? ここ、確か神戸の山の
上やったよね? (汗)

・・・ ということで、猛烈ダッシュで帰りました。 ふぅ~っ。


時間を忘れるほど、かなり楽しくておいしいお食事会でしたが
お土産にもらったテーブルの赤いバラが、 「 あれは夢じゃ
なかったんだよ 」
と言ってるようです。

Burns



私も行ったことがある、バーンズ・ナショナルヘリテージパーク
は、 コチラ

そして、バーンズ生誕 250年を記念して、こんなコレクション
いかが?

Burns
バーンズが生まれたベッド
£50,000.00
スポンサーサイト
おでかけ Comment(12) Trackback(0) Page top↑

prevhome next
日本でもバーンズ・サパーが楽しめるところがあるんですね。私、一度も行ったことないなぁ。今月、BBCで、The World According to Robert Burnsという番組が放送されていて、今夜が最終回なのだけれども、結構面白いです。プレゼンターが、去年読んだ本の著者、Andrew O’Haganという人で、ちょっとセクシーで好み、という理由で見たんだけれども、Robert Burnsの生涯をゆかりの地を訪れながら、紹介するというもので、いい番組でした。BBCのウェブサイトからiPlayerで見られるんだけれども、イギリス国外は多分、ダメなんだよね。残念。
束の間のスコットランド気分に浸って、楽しい時間になってよかったですね。今、激ポンド安だから、遊びにくるチャンスだよ~。
Posted by : michi + 2009.01.25 (20:53) + URL + EDIT
michi さん、私たちが参加した神戸とは別に、横浜、東京、長野・・・と
日本でのバーンズ・サパー、意外とたくさん開催されているようです。
(わずかに理解できたスコットランド人のスピーチで言ってました。 笑)

BBCのサイト、早速見てみました!
うん、やっぱり iPlayer のところに、"Not Available in your area"
と出ました。 残念!
代わりに "Completely Burns" を Podcast に入れてみたのだけど
特にバーンズに思い入れがあるわけでなし、基礎知識としてサパーに
行く前に聞いておくべきだったかも?

今回初めてこんなイベントに参加したのですが、日本にいながらに
して、スコットランド気分を味わえたのがよかったです。
またこういうのがあったら行ってみようかな。
この激円高!でホントはすぐにでも行きたいところですが、未だ予定は
立たず ・・・ でも実はコツコツ両替して小金貯めてたりして。(笑)
Posted by : Gon + 2009.01.26 (01:34) + URLEDIT
下のベーグルのレシピ、知りたい!
Posted by : michi + 2009.01.27 (01:05) + URL + EDIT
バーンズ・ナイト
Gonさん、S国のイベント、精力的に参加してますね~!

・・・エディンバラにいるのに、
昨日はハギスも食べなかった私(理由=スーパーで売れ切れてた・・・)。
全然やる気がありません。

それにしても、ハギスと他の添え物が
アイスクリームに見えます!!
Posted by : Morrie + 2009.01.27 (06:15) + URLEDIT
すっげ!Gonさん、アクティブ!
わたくしのところにも、毎回しつこいほどバーンズ・サパーのお知らせが入ってくるのだけど...Gonさんと同じく思い入れがないのと、値段にビビッて行った事がなかったの。
レポ嬉しいなー!
ねーねー、ハギスについてるあの人参のマッシュっぽいものって...まさかとは思うけど、カブと人参をマッシュしたのかな?
確かにあのオレンジ色のターニップは日本にはなさそうだけど...そんな、無理やり色をつけなくても...と思うのは私だけ?

ハギスが食べたいという理由だけで、バーンズサパーに行ってみようかなって思った豆粒ほどのやる気も、シュルシュルと...

やっぱり、本場で食べるしかないのかねぇ。

ところで、くるくる踊りはなかったのかな~?笑
Posted by : あき + 2009.01.27 (10:57) + URL + EDIT
いいいいいなあああああ~~☆

akiちゃんと同じく、2万両、という会費
 + 
民族衣装またはイブニング/カクテルドレスというドレスコード
にビビって、行ったことがありません。
過去の写真見たら、本当にイブニング着てる日本女性が写ってましてん。

しかも、会場が、都心高級ホテルなの~~~~!!

しかもしかも、サパー&ボウルって、舞踏会かよっっっ。
(だからドレスコードが決まってるんだよねぇ・・・)

舞踏会ったって、イブニングなんか踏んづけそうな、あのクルクル踊りなのにね・・・・・。
でもでも、舞踏会なんつったら、エスコートなしでは参加できぬではありませぬか???


懇親快適な和やかな雰囲気が伝わってくるレポート、楽しかったです♪
ありがとーーー!!
Posted by : fiona + 2009.01.28 (01:35) + URL + EDIT
こちらでも
やりましたよ、Burns Night!
ホストの料理の腕前に感心したものの、おなかがいっぱいで全部食べられなかったのが残念。
てか、スコティッシュビール飲みすぎ?
私はめでたく、Burnsの詩を読みながらハギスにナイフを突き立てるお役目をおおせつかりました(爆)。
その後ダンスもやりましたよ~~~~・・・へとへとorz
近所大迷惑(笑)。
Posted by : どらまきん + 2009.01.29 (08:25) + URL + EDIT
michi さん、了解です! 後でメールしますね♪!!
Posted by : Gon + 2009.02.02 (21:47) + URLEDIT
Morrie さん、はい~♪ 一度お料理教室に参加してからというもの
いろいろなイベントに呼んでいただくことが増えました!
いつでもできると思うと、案外やらずに過ごしてしまいがちですが
S国には簡単には行けない分、日本で気分だけ味わっています!

ハギス・・・やはりそちらでは普通にスーパーで買えるものなんですね。
私たちが食べたのは、ハギスならココ!っていうパブで食べたもの
だったので、それはそれはスパイシーで感動の味だったのですが
今回はまあ、こんなモノかな・・・という感じで。(笑)
おまけにあの添え物、見た目まるでデザートですよね!
Posted by : Gon + 2009.02.02 (22:01) + URLEDIT
あきさん、へぇ~、そんなにしつこいほどの勧誘があるんだ?
しかもそんなに値段が高いの? ほ~
こんなレポで喜んでもらえて、こちらこそ嬉しいですわ!

そうそう、確かにあれはニンジンでした。
しかもマッシュというより、茹でた野菜を少量のマッシュされた何かで
どうにか無理矢理ひっつけていたような、、、
あの黄色いカブ(←か?)で記憶にインプットされているだけに
「何じゃ、こりゃー!?」 って思ってしまいましたよ。
やっぱり本場で食べないと、邪道ハギスになってしまうのね。。。

くるくる踊り!!!!(笑) なかった、なかったです!!
その代り、男女交互に手を繋いで、ブンブン振りながら大きな足踏みで
Auld Lang Syne を歌いましたよ。
歌詞なんて覚えてないのに、両手がふさがってるから満足に歌えず。
何となく不完全燃焼。
Posted by : Gon + 2009.02.02 (23:43) + URLEDIT
fiona さん、今年初めてですね! 今年もよろしくお願いします!!

あきさんも言ってた、高い会費 + ドレスコード ・・・ それって噂の(?)
ボウルってやつですね? (← よく分かっていない)
関西のボウルは 11月にあったらしいですが、その時は確か正装で
って言ってました。

今回のはサパーだけなので、それほど厳しくなかったみたいです。
が、3日ほど前に、「よそゆきの服装で」 ってメールが届いた時には
ビビりましたよ!! だって、"よそゆき" なんて持ってないもん!
よそなんて、行かないんだもん!!(笑)
という訳で、私は黒の地味スーツででかけました。

クルクル踊りって、私が思ってるあの踊りかしら?
リズム感を昭和に置いてきた私には、あのような踊りはイヴニング
ドレスじゃなくてもできませぬー!
しかも、エスコートしてくださる素敵な殿方もおらず、すっかりあぶれて
女同士でモタモタ ・・・ というのがオチ!?

拙いレポートでしたが、喜んでいただけてよかったです♪
Posted by : Gon + 2009.02.03 (00:23) + URLEDIT
どらまきんさん、いつぞやは楽しゅうございました。
帰りは無事に(何も忘れずに)辿り着きましたか?

ほー、ドイツでもこのようなイベントが! しかもダンスまで!!
そう言えば、私がほとんど聞き取れなかったスピーチで、世界中で
このバーンズナイトが開催されてる・・・と言っていたような。

あの、ハギスに捧げる~、の部分、こっちでは 4歳の幼稚園児が
やったので、いったい何をやってたのか全く分からなかった!
後から、あっ、あれが・・・! ってな感じでしたよ。

クルクル踊りをしているどらまきんさんをちと想像・・・。
えっと、ビールはほどほどに。(笑)
Posted by : Gon + 2009.02.03 (00:37) + URLEDIT














home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。