2017/04← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/06

+message+

昔の写真や、旅先で撮った写真を、恥ずかしながらご紹介しています。
素人が撮ったヘタな写真ですが、お時間のある方は、ぜひ コチラ もどうぞ。


スポンサーサイト   
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) Page top↑

ご報告   
2007/10/23 /01:44
某あきさんから、 「後はヨロシク!」 と言われた飛騨
の旅行記 ・・・ 。

楽しみにされている方も多いと思いますが、その前に
残念なご報告をしなくてはなりません。



19日の金曜日、旅行前日だというのに以前からの約束
を断りきれず、早めに帰るつもりで友人 2人との食事会
に参加しました。

22時頃帰宅した時、インコたちはいつも通り自分のポジ
ションで眠っているようでしたが、私が部屋に入って行く
と、皆が起き出し餌を食べたり、ウロウロしはじめました。

鞄に旅行の荷物を詰め始め、ふとそこら中に血の痕が
点々とあるのに気が付きました。

インコたちを見ても特に変わった様子はなく、誰も怪我
をしてるようにも見えませんでした。

が、次の瞬間、息を呑みました。
ゴンのお尻から何かがぶら下がっていたのです。

それは、以前見つけたサイト ( 少し過激な画像かもしれ
ません ) にある病状に似ていたので、慌てて 以前かか
った動物病院
に電話をかけてみました。

あいにく診察は 20時までで、電話も通じなかったので
夜間の動物病院 に連れて行くことにしました。

レントゲン検査の結果は、卵が詰まっているのではなく
総排泄孔 ( インコは排泄物も卵も同じ穴から出ます )
が出てきているとのこと。

ゴンが気張りすぎて、お腹の中から腸が出て来てしま
ったのです。

そこで腸をお腹の中に戻して入口 ( 閘門 ) を少し縫う
緊急手術をしてもらうことになりました。

いつから辛かったんだろう?
旅行前に、何でゴハンなんて食べに行ったんだろう?
どうして、どうしてもっと早く、、、

待合室で彼女を待っている間、いろんな事が頭の中を
グルグル駆け巡りました。

約 1時間後、負担にならないようにと、時間をかけて
ゆっくり行なわれた手術がやっと終わりました。

Gon
↑ 体力回復のため、酸素を送り込んでいます。

Gon
ケースのすき間から覗くゴン

最初は呼吸も荒くて、とても辛そうだった彼女もしばら
くすると落ち着いてきて、午前 1時前に家には連れて
帰ることができました。

手術後、抗生物質の注射を打ってもらったようですが
「明日、できるだけ早くにお昼のお医者さんに見て
もらってあげてくださいね。」

と言われたので、飛騨に行く時間を午後からにずらし
お昼の病院に行ったのです。

検査の結果、現時点では腸に異常があるのか、卵巣
などに腫瘍があるのか、原因は特定できず、炎症を
抑える薬をもらって様子を見ることになりました。

お腹の調子が悪かったのか、何か内臓に異常が発生
したのか ・・・ 。

ケースを覗くと、自分で餌を食べていたし、ゴソゴソと
動き回っていたので、留守中の面倒を母にお願いして
私は飛騨に向かうことにしました。

Gon
↑ ケースから出たがるゴン ( 病院にて )

その夜、母から 「元気にしているから安心して。」
メールが入り、よくなってるんだ~! と、すっかり安心
していたのに、、、

Gon
メールと一緒に届いた写真

Gon


2007年 10月 22日 月曜日の朝
ゴンは静かに虹の橋へと旅立って行ったそうです。

旅行からの帰り道、名古屋駅でそれを知りました。


1999年 4月生まれの彼女は、人間で言うと約 70歳。
あと何年、一緒に暮らせるのかな ・・・ などと思っては
いましたが、こんなに早く、こんなに突然、その日が
やって来るとは思っていませんでした。

私の帰りを待たずに行ってしまったのは、彼女の最期
の優しさだったのでしょうか。

もう息をしていないゴンに、話し掛けようとするキーの
姿を見て、そんな事を考えていました。
スポンサーサイト
セキセイインコ Comment(22) Trackback(0) Page top↑

prevhome next
なんと…
「残念なご報告」って言葉に、まさか…と思いつつ読んだら…
ゴンちゃん… 本当に突然でしたね。
Gonさんも実感が湧いてないでしょうに…
ブログで一方的にしか会ってないのですけど、勝手ながらも友達だと思って見守らせてもらってる生き物の死は辛いです。
訃報続きだなぁ…
ゴンちゃん、もう痛くも苦しくもないね。
そこには優しい友達がいっぱいいるからね。
元気に飛び回るんだよ。
Posted by : kworca + 2007.10.23 (02:28) + URL + EDIT
ゴン
ゴン ・・・

旅立っちゃったの ・・・。

ゴン。

それは、旅立ちだよね。
あの虹の橋の向こう側で
飛び回るゴンの姿、
見えるよね。

ゴンちゃん、本当に本当に
何も力になれないけど
忘れないで、自然の流れに任せて
心を癒していこうね。

ゴンのご冥福を心から
心のそこからお祈りします。
お母様も大丈夫かな?
Posted by : やっこ + 2007.10.23 (07:53) + URL + EDIT
悲しい・・・
お久しぶりです。
久しぶりに来てみると予想もしなかった出来事が
もう涙が止まりません。

急な出来事でつらい思いをされているとは思いますが
元気を出してくださいね!

我家でも日曜日に ハムスターが旅立ってしまいました。

ゴンちゃんもきっと今頃 たくさんのお友達と
虹の橋で楽しく暮らしていると思います。

まだまだ思い出は尽きないとは思いますが
Gonさんも元気を出してね!
Posted by : ゆきりん + 2007.10.23 (08:53) + URL + EDIT
ゴンちゃん...
なんてこと!
Gonさんが無事に旅行から帰ったら、元気なゴンちゃんに会えると信じて疑ってなかったのに...
抜糸するって言っていたというのに...
お母さんの手の上でモコモコっと寛いでいたから安心していたのに...

帰りの電車の中でそういう話をしていた時にGonさんは旅に出てても知らせて欲しいって言ってたな...うううっ...

今までで一番長生きしてるゴンちゃん。もっともっと長生きすると思ったのに、本当に本当に残念です。

大好きな命がいなくなるのって本当に心が痛いよ...最近、そんな話ばかりで悲しい...

すぐには無理だと思うけど、Gonさんも元気を出してね。
Posted by : あき + 2007.10.23 (08:56) + URLEDIT
あぁ、何ていったらいいのか・・・ゴンちゃん、頑張ったけれども、残念な結果になってしまったのですね。ペットを飼っていれば、いつかはこういう悲しい経験もするのでしょうが、8年間も一緒に生活してきた仲間をうしなって、Gonさん、今、本当に気を落とされていると思います。そんな気持ちのまま、お仕事に行かなければいけないGonさん・・・週末はゆっくりされてくださいね。
Posted by : michi + 2007.10.23 (18:29) + URLEDIT
どうして。。
飛騨に行く前の日に奈々ちゃんの事を知り、帰って来たらゴンちゃんが。。
本当に本当に悲しい報告で絶句してしまいました。
改めて今日読ませて貰って、涙が止まらない。。
ごめんね、Gonさんが一番辛いのに。。
いつかはお別れの日が来ると頭では分かっていても、いざその時が来たら胸が張り裂けそうになる位悲しみで一杯になってしまうね。。

どうして。。どうして??って何度も思ってしまうよね。。
名古屋の駅でゴンちゃんが旅立った事を知って以来、ずっと辛い思いを悲しい思いをして、毎日を過ごしているGonさんの事を思うと、何て言って良いのかわかりません。。
でも、ゴンちゃんは本当にたくさん愛されて可愛がって貰って!今までずっと幸せだったと思う。
キーちゃん達もそうだし、いつも見せて貰って『本当に幸せなこたちだなぁ~』って思ってたから。
空を見上げると、ゴンちゃんが元気に飛び回っている姿が見えそうだね。。

ちっちゃな大切な命。。
チロやミミとの事をオーバーラップさせてしまいました。
いつまで元気で居られるか。。13歳のチロはゴンちゃんより少し年上で人間で言うと74歳ぐらい?
そんなチロと今回逢ってくれて本当にありがとう!!

ゴンちゃんの事が気になっていたと思うのに、わざわざ逢いに来てくれてありがとう!!
あの時ゴンちゃんの事を聞きそびれてしまって。。
帰ったら嬉しい報告が聞けるって思ってたのに、本当に本当に残念です。。

Posted by : タカピョン♪ + 2007.10.24 (12:53) + URLEDIT
心から、お悔やみ申し上げます。

ほんとうに、言葉が見つからなくて、何も言えない・・・・許してね。

皆さんがおっしゃるように、ゴンちゃんの毎日は、絶対に幸せだった。
ご冥福をお祈りします。
Posted by : fiona + 2007.10.24 (17:48) + URL + EDIT
ゴンさん・・・
そうか・・・そうなんやね・・
目に見えないけど、ゴンさんに寄り添ってると思う。
本当に幸せな日々、時間を過ごせたと思うよ。
目を閉じれば、その声と表情が浮かぶもの。

ゴンさんの気持ちは落ち着きますように・・・
そして、ゴンちゃんありがとうね。
Posted by : トモ + 2007.10.24 (22:15) + URLEDIT
ショック・・・。
ゴンさん、こんにちは。
飛騨ではお会いできてとってもうれしかったです!
ですが、インコ達の楽しいお話を聞かせてもらっていたので、ブログの記事を読んで「まさか」という感じです。家族同様に思っていた存在がいなくなるって、本当につらいですよね・・・。でも、きっとインコちゃんは今までかわいがってもらって、きっとすごく幸せだったはず。今のゴンさんの気分が少しでも軽くなりますように。
Posted by : tricava + 2007.10.25 (13:23) + URLEDIT
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by : + 2007.10.27 (11:06) + + EDIT
本当に・・・
桂子さん、温かいメッセージをありがとうございました。
お返事が遅くなって本当に申し訳ありません。

ホントにあまりに突然の出来事で、自分自身がまだその
状況についていけていない感じです。
朝は元気だったのに、夜帰ったらあんな風になってて
そのまま母に預けてしまったので・・・。
飛騨で、3人で話をしている時に、あちらの訃報を聞いて
信じられない・・・と話していたんです。
まさかその直後に、自分もゴンを失うとは、、、

こうしてブログでみなさんにその存在を知ってもらうと
辛い報告もしなければならない反面、みなさんに温かく
送ってもらえて、ゴンも淋しくないかなと思います。
今は彼女にゆっくり眠って欲しいです。
どうもありがとうございました。
Posted by : Gon + 2007.10.31 (00:01) + URLEDIT
残念です
やっこさん、温かいメッセージをありがとうございました。
お返事が遅くなって本当に申し訳ありません。

いつかはこんな日が来るのは分かっていましたが
大切な旅行の日と重なって、やっこさんにも申し訳なく
思っています。

あの日、正直に言うと、辛そうなゴンを置いて行くことが
心苦しく、飛騨に行くことを躊躇していました。
私が出発してから、母からは元気にしているとメールが
届いてたんです。
きっと、私がやっこさんや他のみんなと楽しめるように
ゴンが配慮してくれてたんだと思います。
必ず元気になって、私の帰りを待っていてくれる・・・そう
信じて出かけたんですけど、、、 残念です。

母は、私の彼女への溺愛ぶりを知っているので、ただ
ただ謝っていました。
ご心配いただいて、どうもありがとうございました。
Posted by : Gon + 2007.10.31 (00:20) + URLEDIT
本当に
ゆきりんさん、そちらも大変な時だったのに、温かい
メッセージをありがとうございました。
お返事が遅くなって本当に申し訳ありません。

つい先日、そちらを覗かせてもらった時は、ティッチ君も
元気だったのに、お別れの時というのは本当に突然
やって来るものですね。
久しぶりにいらしてくださったのに、残念なお知らせを
しなければならなかったのが、とても辛いです。

こうしてゴンがティッチ君の後を追うように逝ってしまった
のも、何かの縁かも知れませんね。
ゴンは淋しがりやだったので、虹の橋の向こうで一緒に
仲良く遊んでもらっているといいのですが、、、

ゆきりんさんも、どうかお気を落とされませんように。
Posted by : Gon + 2007.10.31 (00:31) + URLEDIT
ゴメンね
あきさん、温かいメッセージをありがとうございました。
お返事が遅くなって本当に申し訳ありません。

旅行から帰ったら、元気に迎えてくれると思ってたのに
本当に、なんてこと・・・という感じです。
直前にあんな話をしていたし、ワイン君のこともあったしで
あの日、あの名古屋駅で別れた後、すぐにお知らせ
しなくてゴメンナサイ。

大切な旅行の時に、こんな事になって申し訳なく思って
います。
実際、私もやっぱりあの朝に聞いていたら、取り乱して
大変だったと思います。

ゴンは頭のいい、とても気の利く子だったので、夜間の
病院代とか、翌日のお薬代とか、かなり高価だったし
さらに抜糸のためにまた時間を作って病院に行くことに
気を使ったのではないかな~なんて思ったりしています。

"ゴンがもういない" という事が、まだちゃんと受け入れ
られていないのですが、少しずつ受け止めていこうと
思います。
どうもありがとうございました。
Posted by : Gon + 2007.10.31 (00:51) + URLEDIT
michi さん、温かいメッセージをありがとうございました。
お返事が遅くなって本当に申し訳ありません。

せっかく旅行の話を楽しみに待っていただいていたのに
どうもすみませんでした。

明らかに人間よりも寿命の短い生き物ですから、遅かれ
早かれ、いつかはこんな日がやって来るのは分かって
いたことですが・・・。
とりわけゴンは、私が一人で住み始めた頃からずっと
二人三脚でやって来た相棒だったので、本当に辛いです。
あ、でも職場ではもう、涙は出なくなりました。

少しずつ、現実を受け止めていきたいと思います。
どうもありがとうございました。
Posted by : Gon + 2007.10.31 (00:58) + URLEDIT
ありがとうございます
タカピョン♪さん、温かいメッセージをありがとうございました。
お返事が遅くなって本当に申し訳ありません。

あの日、飛騨でお会いできてとてもうれしかったです。
そう、土曜日に奈々ちゃんの事を聞いて、私たちもみんな
涙ぐんでたんです。
その直後に、自分がこんな経験をするとは、、、

8年半、本当にいろんな事があったので、名古屋駅で
彼女が去ったと知った瞬間から、それらがグルグル頭の
中を繰り返し駆け巡ってしまって。
我流でメチャクチャな飼い方をしてるので、周りの方が
この子達が幸せそうに見えると言ってくださるのだったら
それはものすごい慰めになります。
ゴンは特別な子だったけど、ウチにはまだキーとウロコン
という若い2羽がいるので、悲しんでばかりはいられま
せんね。

チロちゃん、あんまりこっちを向いてくれなかったけど
写真をチェックしたら、74歳には見えない、いいお顔が
バッチリと写っていましたよ!
ミミちゃんには会えなかったけど、今までブログの中で
拝見していたご家族にお会いできて、本当にうれし
かったです。
どうもありがとうございました。
Posted by : Gon + 2007.10.31 (01:16) + URLEDIT
fiona さん、温かいメッセージをありがとうございました。
お返事が遅くなって本当に申し訳ありません。

今回はお会いできなくて残念でした。
楽しい旅行のご報告が、すぐにできなくてゴメンナサイ。

ゴンをきっかけに、インコのことがちょっと好きになって
くれたと聞いた時は、とてもうれしかったです。
これからもキーとウロコンを見守っててくださいね。

どうもありがとうございました。
Posted by : Gon + 2007.10.31 (01:20) + URLEDIT
トモさん、温かいメッセージをありがとうございました。
お返事が遅くなって本当に申し訳ありません。

そうだったんです。
もっといっぱい賢いインコの話をご紹介したかったの
ですけど、残念です。
(残った2羽は、あんまり頭よくないんですよ、、、笑)

ゴンは本当に淋しがりやで、いつも私のどこかに触れて
いた子だったんです。
今、彼女は目の前にはいないけど、きっと寄り添って
いてくれるのでしょうね。 そう思って頑張ります。

どうもありがとうございました。
Posted by : Gon + 2007.10.31 (01:26) + URLEDIT
ありがとう
tricava さん、温かいメッセージをありがとうございました。
お返事が遅くなって本当に申し訳ありません。

去年の夏、マロと一緒に遊んだので、今回会えるのを
とても楽しみにしていました。
飛騨では楽しいお喋りができて、本当に嬉しかったです。

あの時は、まさかこんな事になるなんて思ってなかった
ので、帰って来てから残念なご報告で驚かせてしまって
ゴメンナサイね。

マロが病気になった時は本当に心配したけど、無事に
やっと日本に帰って来れたのですね。
よかった~
ヨモギ絵日記、更新されてると聞いて、早速読ませて
もらってます♪ (近い内にコメント残しますね。)
これからも楽しみにしてます。

どうもありがとうございました。
Posted by : Gon + 2007.10.31 (01:38) + URLEDIT
鍵コメさん、温かいメッセージをありがとうございました。
お返事が遅くなって本当に申し訳ありません。

その節は、本当にありがとうございました。
居心地悪かったでしょうに、支えてもらって申し訳なく
思っています。
なのに私、何も言えなくて・・・。 どうもすみません。

続きはメールで書きますね。
どうもありがとうございました。
Posted by : Gon + 2007.10.31 (01:43) + URLEDIT
ゴンさん、ご無沙汰しておりました。
ゴンちゃんが虹の橋に旅立ってしまったなんて本当になって言っていいのか解りません。
8年半の楽しい生活の思い出を残してくれたゴンちゃんのご冥福をお祈りします。
うちのピーコとゴンちゃんが出会っています様に。
Posted by : mikopinn + 2007.11.08 (00:46) + URL + EDIT
mikopinn さん、こちらこそご無沙汰してしまって
どうもすみませんでした。

ゴンとの想い出は本当に尽きませんが、いつかは
こういう日がくるのですよね。
最期の瞬間、安らかに旅立っていったというのが
せめてもの救いです。
きっとピーコちゃんと出会って楽しく暮らしてますね。
温かいメッセージをありがとうございます。
Posted by : Gon + 2007.11.08 (01:36) + URLEDIT














home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。