2017/05← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/07

+message+

昔の写真や、旅先で撮った写真を、恥ずかしながらご紹介しています。
素人が撮ったヘタな写真ですが、お時間のある方は、ぜひ コチラ もどうぞ。


スポンサーサイト   
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) Page top↑

叔母のこと   
2007/03/15 /02:13
母の上の兄の嫁 ( 私からみて叔母 ) はとても個性的
な人で、見た目はまるで魔女。
髪も会うたびに緑だったり、オレンジだったり。

「私の言う通りにしてれば間違いないの!」 と常に
その場を仕切り、 「働かざる者は食うべからず!」
とその年代では珍しく、旦那や息子に食事の後片付け
をさせていた人。

善や悪、Yes/No がハッキリしていて、一瞬でも躊躇し
ようものなら、「おまえみたいなグズは知らん!」
断ち切られてしまう。

私は小さい頃からつくづく、この家の子に生まれなくて
よかった~! と、思ったものでした。

幼い頃の私は、今では考えられないほど痩せっぽちで
とてもちっちゃい女の子でした。

幼稚園の頃は 3月生まれがハンデとなり、何かと同級
生より手が遅れてしまうのを、参観日にやって来た母が
「ヤキモキして見てられない。」 と 10日早く生まれた
幼なじみのお母さんといつも嘆いていたそう。

小学生の頃は、同級生の脱いだ靴のあまりの大きさに
両親が腰を抜かしたと言います。

夏休みに親戚で集まると、要領の悪い私はかっこうの
的になり、「グズグズしてると置いてくよ!」 と、常に
叔母の声に怯えて過ごしたものでした。

fuwa

中学生になり、体力をつけるため陸上部に入部すると
1年で背が 15cmも伸び、制服を作り直さなければなら
なくなるほど体は成長しました。

この頃になって、ようやく同級生に引け目を感じること
なく行動できるようになったのですが、あの叔母にとっ
ては、私はいつまでもグズノロマな子なのです。

「オマエなんか、裏の木に逆さに吊るしちゃうぞ!」
こんなことを言われ続けても、私はなぜかこの叔母を
嫌いになるどころか、いつからか尊敬の目で見るように
なっていったのです。

彼女は独特の拘りと、努力の人です。
例えば 「家のワインがなくなったから、ちょっと行っ
て来る。」
とフランスに行ってしまったり、 ココ の紙
じゃないとダメなのよ。」
とイタリアに飛んでったり。

il papiro
IL PAPIRO Firenze (Fogli Pavoni - Peacock)

それだけではありません。
「自力で旅したいから。」 と、英語はもちろん、独学で
フランス語や多言語を勉強したり、料理は有名シェフに
習ったプロ顔負けの腕前だったり、とにかく口だけでは
なく、何でも自分のモノにするカッコイイ叔母なのです。

私が海外旅行や英語に興味を持ったのも、間違いなく
この叔母の影響を受けたからです。

その叔母が骨粗鬆症で肋骨を折り、ついには動けなく
なってしまいました。
しかも、先日には一か八かの頚椎の手術を受けました。

昭和一桁生まれなので、もうけっこうな年齢なのですが
ガミガミうるさい叔母が、すっかり元気をなくして寝込ん
でしまったのは、とても寂しい限りです。

「手術は成功し、医者の指示通りに、ちゃんと手が
動いた。」
とは聞いていますが、この週末、出張の後
延泊し、彼女を見舞うつもりです。
スポンサーサイト
いろいろ Comment(2) Trackback(0) Page top↑

prevhome next
3月生まれ
早生まれの知恵遅れ・・・

と、私もよく言われたもの・・・。
学年が同じ子供といるとどうも、とろくてのろまで
ドンくさく見えるらしいよね・・・。
でも、私、今も、それが同じなのは、何故??
って思っちゃう・・・ 笑!

叔母さん、素敵な女性だね。
1人の人として、素敵だな、って思ったよ。
そういう人が身近にいて良かったね、ゴンちゃん。
色んな影響を与えてくれて・・・。

叔母さん、どうか、気力を維持してくれますように・・・。
身体が思うように動けなくても、
彼女は、彼女の今までの経験や想い出、愛する者たち、
愛する物たちを側において、いつも開けては楽しみ、
笑顔でいられることを・・・。

出張、気をつけて行ってらっしゃい
Posted by : やっこ + 2007.03.16 (17:06) + URLEDIT
原因は3月生まれか?(笑)
やっこさん、お返事が遅くなってすみませんでした。
週末の長旅ですっかり疲れ果てていました。

3月生まれは、ひょっとすると同級生から1年遅れという
こともあって、小さい時はその成長の遅れがどうしても
目立ってしまいますよね。
私も得意な場面ではチャチャッとできますが、今でも日々の
大半はドン臭くてノロノロしてますよ。
もはや3月生まれどうとかいう年でもないですがね~。(笑)

叔母の事、どうもありがとう。
とっても個性的な人なので、一般的には受け入れられない
ことが多いのですが、私にとっては大好きな叔母です。
今回はその叔母の家に泊まったのですが、彼女はまだ
入院中で、しかも起き上がれないということで、叔父から
「祖母のお見舞いに行くので大変だから、今は会いに
行かなくていいよ。」 と言われ、結局会えませんでした。
徐々に快復しているそうなので、早くまた元気な姿で活躍
してくれることを望みます。
温かい言葉、本当にどうもありがとう!!
Posted by : Gon + 2007.03.22 (01:42) + URLEDIT














home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。