2017/07← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/09

+message+

昔の写真や、旅先で撮った写真を、恥ずかしながらご紹介しています。
素人が撮ったヘタな写真ですが、お時間のある方は、ぜひ コチラ もどうぞ。


スポンサーサイト   
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) Page top↑

目の前がキラキラ   
2007/02/25 /03:26
MA

遅ればせながら、やっと あの時 に諦めた映画を観に
行くことができました。

レディースデーの日 ( 1,000円 ) に行けなかったので
夜 8時 35分からというナイトショー ( 1,200円 ) で観た
のですが、10時 50分終了だというのにけっこうな人!
かなり意外でした。

ストーリーは、わずか 14歳のオーストリア皇女・アント
ワーヌが、母のマリア・テレジアの命でフランス王太子
のもとに嫁ぐというところから始まり、フランス革命が
起こるまでの豪華でオシャレな暮らしぶりが、ポップな
音楽とともに描かれています。

MA

国境を越える時、オーストリアの物を全て国に置いて
フランス入りしなければならないと言われ、身ぐるみ
全部を剥がれた上に、抱いて来た愛犬まで奪われて
しまったシーンには、ジワッときてしまいました。

MA

周りの評判も芳しくなく、音楽も浮いていると聞いてた
ので、あまり期待していなかったのですが、とにかく
豪華な衣装、派手な暮らしぶりは、見ているだけでも
幸せな気分になれて、けっこう楽しめましたよ。

MA

またフランス政府の協力の下、実際のヴェルサイユ
宮殿で大規模な撮影がなされたということで、映像は
とても華やかで美しく、ヨーロッパに行きた~い!
思わずにはいられません。

MA

ただ、煌びやかな暮らしぶりの裏には、王家に嫁いだ
1人の少女の苦悩と孤独が隠れていました。

「私は、全世界の人々の前で、口紅を引き、手を洗う」
と、マリーが母に宛てた手紙にあるように、宮殿には
何千人という貴族や召使が住み、彼女の身体、生活、
行動、全てが監視されていたのです。

MA

何から何まで儀式に縛られ、貴族の内輪モメを避ける
ために、誰がマリーに下着を渡すか、誰が一番近くで
お世話するかまで決まっていたといいます。

しかも、世継ぎを望む回りの期待に反して、いつまで
経ってもマリーに指一本触れようとしない王太子 ・・・ 。

MA

こんなことから、マリーの生活が派手になっていった
のかと思うと、何だか彼女がかわいそうに思えました。

MA

特に盛り上がることもなく、民衆が宮殿前に押しかけ
暴動を起こす場面くらいしか事件は起こらないので
途中で 2回ほど時計を見たい衝動に駆られましたが
みなさんご存知の、マリーの最期は描かれないない
まま映画は終わりました。

MA

この映画を観に行く直前に、ぶりかんの担任 Ph が
「歴史はみんな知ってるんだから、この映画に
それを求める必要はない。 1人の少女のストー
リーだと思って観ればいいんじゃない?」

と言ってくれたのですが、正にその通りかと。

今も昔も、1人の女の子が恋をしたり、キレイな洋服
や靴を欲しがったり、朝まで遊びたいと思う気持ちは
同じなんですよね。

あと、マリー役のキルスティン・ダンストが、とっても
チャーミングでした。
カンヌで "パルムドッグ賞" を獲ったパグと、パリ
の老舗 "ラデュレ" が再現したスイーツもあわせて
お楽しみください!

MA
スポンサーサイト
映画 Comment(10) Trackback(0) Page top↑

prevhome next
おおおっ
そうか~そうか~。
ある女の子のお話ね!確かにそういう風に観るとまた違う風に見えるかも。なるほどね~

あああ、憧れの豪華ドレス...素敵スイーツ...うっとり...←観てもいないのに
Posted by : あんとわねっと・あき + 2007.02.25 (11:05) + URL + EDIT
やっと観られました!
あんとわねっと・あきさん、そうなの、そうなの!!
この映画は歴史映画ではなく、ヴェルサイユ宮殿と豪華な
ドレスと、素敵な(もう、メッチャ素敵な!)スイーツを楽しむ
映画なの!!
他にも子役が天使のようにかわいかったし、美しいお庭も
とってもよかったのーーー!!

DVDを買うほどではないと思うけど、もし機会があれば
ぜひ目の保養に見てみてくださいね♪
きっと幸せな気分になれますよ!
Posted by : Gon + 2007.02.25 (14:55) + URLEDIT
マジでっ!
おおーっGonさんも観てこられたのですかっ?!v-405
私もつい最近!マリーちゃん(え?ちゃん付け!?)観て来たんですよー♪
というのも、私のブログにある通りベルばらにハマっちゃったので…ね(^^;

私が観に行った時は、ほぼ空席でガラガラでしたv-356
まぁ予想通り…だったのですが今は結構混んでるみたいですね~
私は、アントワネットがギロチン…の所までいくのか?とドキドキしてましたが、
結局ヴェルサイユ宮殿を去るところで終わりでしたね。
うーん、やっぱりあの豪華なドレスに建物に食べ物に…v-353
服を着せるのが身分の高い人が…っていう場面に思わず( ̄m ̄〃)ぷぷっときちゃいました。
下手に面白くない映画観にいくよりよっぽど良かったな~と思います^^

でもやっぱりベルばらを先に読んじゃダメですね。
やっぱりベルばらの方が面白く感じました…(笑)
Posted by : かりん + 2007.02.25 (19:57) + URLEDIT
観ました~!
かりんさん、地元で観られました?
私は梅田で観たから多かったのかも知れないですけど
普通に考えて、こんな時間に映画観る人が大勢いるって
すごいことですよね。。。 ほぼ女性だけだったし・・・。

あの着替えのシーン、おもしろかったですよね!
でも、実際昔の貴族はあんな風だったんでしょうね。

ベルばらは飛び飛びだったり、途中で断念してしまって
イマイチなじみがないんですけど、マリーちゃん(?) の
映画の話が出ると、やっぱりみんなベルばらの話になり
ますね~。
アントワネットの最期というと、私の中ではTVアニメの
"ラ・セーヌの星" で見た処刑シーンが、幼心にショックで
今でも鮮明に覚えています。
何歳頃だったか覚えてませんが、かなりハマって見て
いました。

ラ・セーヌの星
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%81%AE%E6%98%9F
Posted by : Gon + 2007.02.26 (01:40) + URLEDIT
はじめまして
はじめまして。
わたしもマリーアントワネット見ました。
「歴史はみんな知ってるんだから~」という言葉にとても共感しました。ほんとにそうですよね。
それでは、一言ですが失礼します。
Posted by : 進藤 + 2007.02.27 (22:11) + URLEDIT
初めまして!
進藤サマ、コメントどうもありがとうございました。
先ほどそちらに伺って、ひとことだけ残してきましたが
修学旅行でパリって、すごいですね!

そうそう、この映画に歴史の事実を求めるのではなく
"マリー・アントワネットという、1人の女性の青春映画" と
いうのがピッタリですよね。
キルスティン・ダンストのかわいさが印象的です。
Posted by : Gon + 2007.02.28 (02:42) + URLEDIT
ラ・ラ・ラセェーヌ~♪
ラ・セーヌの~星ぃ~~タララ~♪
まさしく同世代!うふふ。

キルスティン・ダンスト…インタビューウィズバンパイアで見たときから、うわ~きれいなコ~と感心していたんだけど(名前もいいよね~)その後「チアーズ」というコメディ映画のちょっとお馬鹿ちゃんキャラで出ていたので(主役だったけど)、ああやっぱり子役出身のコって難しいよなあ…なんて勝手に思っていたら、スパイダーマンのヒロインになっちゃったりして、しかも今度はマリー・アントワネット!
やったやん!良かったね~~とまるで姪の成長を見守る叔母さんのよふな気持ちですばい。
映画は多分行けないと思うんでDVD化を待ちますだ^^。
Posted by : 天水ゆき + 2007.03.06 (13:35) + URLEDIT
こんにちは
この間はわざわざコメントをしに来て下さってありがとうございました!
キルスティン・ダンストかわいいですよね!ドレスも似合っていて綺麗。
いやいやそんなことないですよv-356マリーアントワネットみたいに華やかではありませんでしたが、それなりに気分は味わいました笑
時間ができたらベルバラも読んでみたいと思います。
Posted by : 進藤 + 2007.03.06 (15:34) + URLEDIT
ゆきさん、お久しぶりです! 旅行記お疲れ様でした!!

キルスティン・ダンストはマリー役にピッタリで、とっても
かわいかったですよ~!!
スパイダーマンの時とは、まるで別人に見えます。
ドレス姿もよかったし、スイーツを前にお茶目に笑う顔が
とってもチャーミングでした。
別に急いで観る作品ではないと思うので、いつかおウチで
ゆっくりお楽しみくださいね♪

チアーズは何度もチャンスがありながら、まだ実際には
観られてない1本なんです、、、 気になってるんですけど。
ちなみにラ・セーヌの星は、DVD化されないそうです。。。
Posted by : Gon + 2007.03.07 (01:27) + URLEDIT
進藤さん、こんにちは。
修学旅行にマリー・アントワネットのような華やかさを
期待しちゃダメよ~(笑)
でも、私の信州スキー旅行(これも修学旅行!)に比べれば
十分華やかですよ!

またそちらへも遊びに行きますね!
Posted by : Gon + 2007.03.07 (01:35) + URLEDIT














home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。