2017/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/11

+message+

昔の写真や、旅先で撮った写真を、恥ずかしながらご紹介しています。
素人が撮ったヘタな写真ですが、お時間のある方は、ぜひ コチラ もどうぞ。


スポンサーサイト   
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) Page top↑

オリンピック   
2006/02/12 /00:46
平日でも割といつも夜更かしな方ですが、さすがに
オリンピックの開会式が行なわれた頃は夢の中。

テレビで録画放送をしていたので、観てみましたが
マスゲームのように、人がスキージャンプの様子を
演出していたのには、ちょっと感動しました。

olympic

オリンピックの開会式をゆっくり観たのは初めて。
イタリア語でアルファベット順に登場、ということでし
たが、香港は単独で出るんですね。

それから、インドとか南米とか、他にもけっこう暖か
そうな国からも出場していて、興味深く観ることが
できました。

選手たちは、ジャージやスポーツウェアで登場する
国が多い中で、コート姿でバッチリきめている国や
中にはジーンズで登場した国もあってビックリ!!

日本チームも、今回は特に話題にならないくらい
ノーマルでしたね。白い雪に白いユニフォームで
あんまり目立たなかったような気はしますが。
(一度、真っ赤なユニフォームとかにしたら、どうかしら?)

Japan

個人的には、イギリスとフランスがとてもオシャレで
よかったと思います。

GB イギリス

France フランス

どちらも黒と白できまっていました。
特に、イギリスは選手たちの中でも白と黒で分かれ
ていたのが、印象的でした。

それに比べて、ドイツチームの派手なこと!

Germany

あんなキャラでしたっけ?

あと、このマスコット、

torin

・・・。

時差があるので、中継での応援はできませんが
スポーツを観るのは好きなので、これからしばらく
楽しみが続きます。
スポンサーサイト
いろいろ Comment(4) Trackback(0) Page top↑

prevhome next
オリンピック♪なんとなく楽しみにしてたのに、まだテレビでちらりとも見ていない始末。

旦那がラグビーユニオンに夢中で、ずっとそれ、しかも、サッカーと両方だから、ずっとテレビはそれそれそれ。

滑走とか始まったら早速見なきゃ!

ゴンちゃんの好きな競技は??
Posted by : やっこ + 2006.02.12 (23:13) + URLEDIT
やっこさん、英国人って、何であんなにラグビーとか
サッカーに熱狂できるんでしょうね?
(それに、サッカーって言ったら怒りません?)
先日私も、父がラグビーのイングランド対ウェールズ戦を
観てるのをチラッと見ましたが、どっちが勝ったか知りません。。。

滑走って、滑降のこと??
私はウィンタースポーツは、あまりルールがわからなくて
苦手ですが、モーグルとかスノボーのダイナミックなジャンプを
観ては、オーッ!と言ったり、昔の友達がアイスホッケーを
やっていたので、それを観たり。後はやっぱりスケートですね。
マイケルさんと仲良くテレビ観戦してくださいね~!
Posted by : Gon + 2006.02.13 (01:16) + URLEDIT
ふふふ...

はい、滑降 の、ことでした...

本当にこっちの人は、サッカー、ラグビーです。

サッカーは一般市民、そしてラグビーはちょっとおぼっちゃん(ポッシュな人々)、と何となく色分けされてるのも事実です。

マイケルは、ポッシュな人(それを顕わにしている人)が嫌いなので、ラグビーはテレビで見ても、実際に応援には行きたがりません。

おもろいね。
Posted by : やっこ + 2006.02.13 (17:58) + URLEDIT
やっこさん、ラグビーはポッシュなんですか!
知らなかった~。
私が行ってた高校、女子も体育でラグビーをするんですよ。
やってる方は、砂まみれや泥んこになって、ポッシュとは
程遠いのに、、、おもしろい。

マイケルさんのその姿勢も、徹底していておもしろい。
でもラグビーって、ものすごく寒い中を、コートを着こんで
観ているイメージがあるから、お家でぬくぬくの方が
いいですよね!
Posted by : Gon + 2006.02.14 (00:32) + URLEDIT














home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。