2017/05← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/07

+message+

昔の写真や、旅先で撮った写真を、恥ずかしながらご紹介しています。
素人が撮ったヘタな写真ですが、お時間のある方は、ぜひ コチラ もどうぞ。


スポンサーサイト   
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) Page top↑

プレゼント   
2007/01/14 /02:44
張り切って (?) 新年を迎えたわりには、週の半ばで
早くも息切れ。 木曜日には新年会で 2次会まで引っ
張って行かれたので、新年早々もうヘトヘトです。

去年もそうでしたが、 4時起きの仕事始め がその先
1年の調子を全て狂わしている気がします。

そんな時に、元気をくれる 2通の封書が届きました。
どちらにも Royal Mail のスタンプがあり、それらが
英国から届いたものだと、一目で分かります。

mail

私は人にプレゼントするのが好きなのですが、贈り物を
選ぶ時は、相手のことをものすごく考えて選びます。

だからプレゼントや手紙をもらうのはもっと好きです。
その人が少なからず私のことを想って時間をさき、そう
して贈ってくれたということなのですから。

1通はイングランドのKからのもの。
何年か前に、彼女が半年だけ大阪で英語を教えていた
時に知り合って意気投合し、2年前には彼女が建てた家
にも遊びに行きました。

その近くの景色が写ったカードに、小学校の先生として
活躍する様子を書いて贈ってくれたKに、とても励まさ
れました。 Kも頑張ってるんだな~。

もう 1通は、いつも温かく見守ってくれている彼女 から。
同じ誕生日を持つあなたは、いつもツボをついてくれる。
夏の思い出が残る ( ← うわっ、写真消すの忘れてる!)
スコッツ・モニュメントのカードと、あったかいイラストの
絵本は、じんわりと心にしみました。

やさしめの英語で書かれたこの絵本を、私は届いてから
ずっと持ち歩いています。
財布に入れた £20 札と一緒で、またあの土地に行ける
ようにというおまじないのようなものかな。

偶然、同じ日に届いた 2通の封書。
少なくとも 2人の女性に想われているのを感じる幸せ。
心からありがとう。
スポンサーサイト
いろいろ Comment(2) Trackback(0) Page top↑

prevhome next
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by : + 2007.01.15 (05:23) + + EDIT
ありがとう!
鍵コメさん、今の状況は・・・実は全く見えないのですが
本当にそうなるといいなと思っています。
あなたも願いを込めてくれたので、ぜひ叶えたい。。。

どうもありがとう!!
Posted by : Gon + 2007.01.16 (00:32) + URLEDIT














home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。