2017/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/11

+message+

昔の写真や、旅先で撮った写真を、恥ずかしながらご紹介しています。
素人が撮ったヘタな写真ですが、お時間のある方は、ぜひ コチラ もどうぞ。


スポンサーサイト   
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) Page top↑

意外とおもしろかった   
2006/11/03 /16:35
昨日は、「何で私が?」 と言っていた あの研修
マグカップ持参で(笑) 出席して来ました。

kenshu
( 昼食中。 ラッキーにも一番後ろの席でした! )

出席者は 23名で、見事に男性ばかり。
年齢層もけっこう高めで、場違いだなぁ~ と思って
いる内に、講義は始まりました。

まず最初に、「事前課題を出した人はたった 2人
だった。」
と聞かされ、思わずうつむく ・・・ 。
事前課題の感想文どころか、全 226ページの 課題
図書
も、結局 123ページまでしか読むことができず
「まぁ、いっか。」 で行ってしまったので。。。

マーケティングの原点は、18世紀にイギリスを中心
として起こった産業革命から。 1776年に、アダム・
スミスが分業・高生産性のシステムを『諸国民の富』
と説明しました。
生産と消費の分列を前提に、それをつなぐ生産側の
努力として生まれた、それがメーカーの営業です。

そして、マーケティングには 8つの機能 ( ①リサーチ
②商品・サービス、 ③流通、 ④広告、 ⑤販売促進
⑥営業、 ⑦情報 ⑧物流 ) が不可欠で、その 8つが
働きかける市場は、5人の関与者 ( ①顧客、②販売店
③影響者、 ④卸店、 ⑤メーカー ) で成っています。

・・・ 何か、難しいですよね。

私の会社も モノ を売っているのですが、これら全て
の基礎になるのが リサーチ = 「顧客を知る」 という
ことで、これを元に活動の改善を決めるということなの
です。

マーケティング と聞くと、大きな会社が モノ を売る
ために必要な調査、それも大規模なもの ・・・ という
イメージでしたが、実はもっと身近なものでした。

例えば、自分の仕事や生活に置き換えて、「忙しくて
時間がない。」
とか、「いつも時間に追われてる。」
という人が多いと思います。

そういう私もそうなのですが、そんな人に質問です。
「じゃあ、なぜ忙しいのですか? なぜそんなにも
時間に追われているのでしょうか?」


・・・ 考えた事、ありましたか?

"時間がない" という人は、一度自分がしている事を
全て紙に書き出してみるといいようです。
どんな細かい事でも、自分がしている事を全てです。

すると、優先順位や、不要なことが見えてくるというの
です。 ココで不要なことを切り捨てることができれば
時間は自然と生まれます。 これが "トヨタ方式" です。

コレは、お金がない ⇒ 家計簿をつける とかでも使え
そうですね。
要は、分析すること ( リサーチ ) が大切なのです。

また、講師からは、"break through 方式" も紹介され
ました。

例えば、部下は上司を常に見ているけれど、上司は
意外と部下を見ていないのだそうです。 ( やっぱり! )
この方も、「自分の部下たちが提案書を持って来た時
その内容まではよく分からない。」 そうです。

そこで、こう尋ねることにしたのです。
「コレをすればどうなるのか?」

返事を聞いたら、また尋ねるのです。
4~ 5回繰り返して尋ねてみて、それでも熱く返事が
返ってきたら、その人はちゃんと分析しているという
ことで、「全責任は持つ。」 と判を押すそうです。

コレは、部屋が散らかっている人が、いらない物を
処分する時に使えそうですよね。
「コレを置いといたら、どうなるのか?」
「それで、どうなるのか?」
「そしたら、どうなるのか?」

これだけ問い掛ければ、何でも捨てられそう。(笑)

講義中、こんな事ばかり考えていたので意外と楽しく
そして あきさん がときどき目覚ましメールを入れて
くれたので ( あきさん、ありがとう!!)、意識が飛ぶ
こともなく研修を終えることができました。
実生活にも生かせればいいな。 ( 仕事じゃない。(笑) )
スポンサーサイト
仕事 Comment(6) Trackback(0) Page top↑

prevhome next
うっしっし。授業中に手紙を回して楽しかった事を思い出しちゃった~♪仕事中のメールとかブログとかチャットって、楽しいよね~...うっしっし。

そうか~、結構有意義な講習会だった訳ね~。「マーケティングの講習会」って聞くと、うへぇー...となるけど、分析って(興味あることだと)楽しいよね。まっ、分析できたとしても、それを実行できるかどうかは別問題だけど...(例 部屋を常にきちんと片付けておくには...)ふん。
Posted by : あき + 2006.11.03 (18:42) + URLEDIT
あきさん、昨日はありがとう☆
そうそう。 普通にお手紙を渡すんじゃなく、こういう時のメールとか
手紙とかって、妙に楽しいですよね♪ スリルがあるからかな?
学生の時、コッソリ手紙を回して先生に見つかり、職員室で
こっぴどく怒られたこともあったなぁ~。 懐かしい。

メールもらったり、頭ではあんな事を考えたりしてたから、真面目な
講義も、ずいぶん楽しく過ごすことができました。
ま、実行できなかったとしても、方法だけでも知れたのはよかったと
思います。 分析だけしてみるのも楽しいかも。
私も部屋を片付けないと、パソコンにカメラはつけられまへん。(笑)
パソコンが入口向いて、部屋には背を向けているのでーす。
Posted by : Gon + 2006.11.03 (19:00) + URLEDIT
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by : + 2006.11.03 (20:18) + + EDIT
鍵コメさん、今さらお返事もなんですが・・・。(笑)

情報、どうもありがとう!!
いつも何時ごろ始まるのかしらね?
とにかく、これからもヨロシクお願いしまーす!!
Posted by : Gon + 2006.11.03 (23:41) + URLEDIT
到着した日だったか、「バンク・オブ・イングランドのお札に、『スコットランド人である』アダム・スミスの肖像が使われることになった!!!」と、テレビが大騒ぎしていました。

・・・・・・・喜んでもいいの?本当に???

なんて疑いながら、ちょっぴり気持ちがよかったのも事実です。

ビバ!アダム・スミス。
ゴンちゃんのこのトピックのおかげで、あたしの部屋も少し片付く・・・・かも?!
Posted by : fiona + 2006.11.04 (04:39) + URL + EDIT
fiona さん、それはすごいニュースですね!!
ついに女王様だけじゃなくなるのですか! (そういう問題じゃないか)
これでもう、イングランドでスコットランド£が断られることも
なくなるかもですね。
へぇ~。 でも、何でアダム・スミスだけなんだろうか??
私はウォルター・スコットの顔が好きだけど。(ますます関係ない。笑)

この分析で、部屋が本当に片付くかは疑問ですけどね~
まずは自分の部屋で試してみないと・・・。
Posted by : Gon + 2006.11.04 (16:44) + URLEDIT














home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。